macOS Sierra 10.12: ntfs-3g で NTFS ボリュームを読み書き可能にする

By | 2017年1月27日

いつの頃からか、mac OS X で NTFS ファイルシステムが読めるようになっていた。
ただ、書けない。

OS X 10.5 の頃から、ntfs-3g を使って NTFS ファイルシステムを読み書きしていた。
さて、10.12 になり、読み書きできるようになったかというとそうでもなく。依然として Read しか
できない。やはり、ntfs-3g のお世話にならなくてはならないようだ。ちなみに、ntfs-3g はフリーで
あるが、低速だとか、GUI 化されてないとかの制限がある。製品版は、”Tuxera NTFS for Mac” である。

//

$ git clone https://git.code.sf.net/p/ntfs-3g/ntfs-3g ntfs-3g-ntfs-3g

$ cd ntfs-3g-ntfs-3g

README に

./configure
make
make install or sudo make install

と書いてあるが、configure ファイルがない???

$ brew install ntfs-3g

/usr/local/bin/ に、 ntfs-3g ができる。

$ ntfs-3g /dev/disk1s1 /mnt

( disk1s1 は、”diskutil list” で調べる)

Unprivileged user can not mount NTFS block devices using the external FUSE
library. Either mount the volume as root, or rebuild NTFS-3G with integrated
FUSE support and make it setuid root. Please see more information at
http://ntfs-3g.org/support.html#unprivileged

“http://ntfs-3g.org/support.html#unprivileged” は見当たらず。

$ sudo ntfs-3g /dev/disk1s1 /mnt

/Library/Filesystems/fusefs.fs/Support/fusefs.kext failed to load – (libkern/kext) link error; check the system/kernel logs for errors or try kextutil(8).
the MacFUSE file system is not available (71)

どうやら 64bit カーネルに対応してないらしい。

対応させる patch が、

http://www.tuxera.com/mac/macfuse-core-10.5-2.1.9.dmg

であると。これを Download & Install する。

一方、privilege の問題は、

$ sudo chown root /usr/local/bin/ntfs-3g
$ sudo chmod 4755 /usr/local/bin/ntfs-3g

で解消。

これで NTFS Volume が mount、Read/Write できました !!

ただ、毎回コマンド打ちというのも何だかなである。

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL