悪い歯医者と普通の歯医者

By | 2016年7月13日

去年の暮れ、長年手入れしていなかった歯を治療するのに、近場の歯医者に通った。ホームページはちゃんとしたものでそこで評価してしまったことが失敗だった(利用者の評価は皆無だった)。結果的にそこはやぶだったのだ。私は医業はサービス業だと思っているが、この Si 歯科は全くダメだった。まず態度が威圧的。何か希望を言うにも意を決して言わないとだめな感じ。一番だめだったのは、自らの治療の失敗の責任を取ることなく、対処療法的な措置で済ませたこと。それも料金を払わせて。どういうことかというと、前歯 3 本を差し歯にしたのだが、仮歯の段階では問題なかった「丈」が本番の歯を入れたら丈が足らず、下の歯とかみ合わなくなってしまったのだ。当日帰る時に気がついてその次の診察の時に告げたが謝罪もなく、ただ「どうしましょう、どうしましょう」と言うばかりだった。そこでクレームを入れればよかったのだが、治療者の方が強いイニシャチブを持ってるという関係が出来上がっていたので言えなかった。結局、下の歯にレジンを盛ることで丈を増して、噛み合わせができるようにしたのだが、その接着したレジンが簡単に取れる。都合 3 回取れてしまった。その度に本来払う必要のない出費を強いられてる。

不満の治療から半年。検診のため受診してくださいとの案内が来たが無視し、別の歯科を探すことにした。「やぶ」の Si 歯科は歩いて 10 分かからず、そこだけが及第点だった。見つけた Su 歯科はネットの口コミでまあまあの評価があった。そこにかけた。

今のところ二回通っただけだが、接客はまずまず。先生はちょっときょどきょどしたところがあるが、先生然とした偉そぶったところがない。治療も丁寧。ここにきて、Si 歯科の雑な治療に気付かされた。まあ態度、治療は及第。ただ治療費がちょっとお高めだった。こうしてるうちにも 4 回目のレジン剥奪が起こり、また再接着を頼まなくてはならない。うらめしや Si 歯科である。本来なら、無料で差し歯の作り直しをするべきだったのに、永劫性のないその場しのぎの治療を行い、こちらはいつ取れるか分からない下歯のレジンを気にして前歯で硬いものを噛まないよう、常に注意せねばならなくなった。

Si 歯科は「悪い歯医者」、Su 歯科は「普通の歯医者」と言えるだろう。

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL