双極性障害: ラミクタール(ラモトリギン)の副作用

By | 2016年6月1日

6 日目を迎えたラミクタール(ラモトリギン) 200mg/day はいい感じに効いています。

先日はフラつきの副作用をお伝えしましたが、今度は便秘と口渇です。

元々ジプレキサの副作用(便秘)止めとして、ビオフェルミンとマグミット(酸化マグネシウム)を服用してました。
マグミット 330mgx2/日 だったのを 330mgx3/日 に増量してみます(自己調整可の処方)。

口渇は昔三環系の抗うつ薬で苦労してたので、それにくらべればお茶の子さいさいのレベルです。その時は痰切り剤のムコダインでしのいでいましたが、今回補助薬なしで体が慣れると踏んでいます。

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL