セロクエル(クエチアピン)断薬その後

By | 2015年10月27日

10/16 の定例診察でカットしたセロクエル(クエチアピン)。その後変化を記す。

一番熱望していた手を主とした震え(不随意運動)、こわばりは少し改善された感はあるがまだ残っている。どれだけかというと、郵便物の宛名書きの字がきれいに書けない。あと趣味のギターでフィンガリング(アルペジオ)が思うようにできない。口渇と尿の出しづらさはかなり軽減した。

もともと躁うつのうつを改善する目的処方をお願いしたセロクエル。目的を果たさずに任を終えてしまった。

残った手の震えはどこから来てるのか?5mg/日のジプレキサか、800mg/日のリーマス(炭酸リチウム)か。他からの問題なのか、例えば服薬で不可逆的な変化が起きてしまって治すのは難しいのか!?

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL