脳の萎縮?

By | 2015年8月5日

例えば冷蔵庫で「何か」を探そうとして、上下のドアを開け閉めして何を探していたのか失念するとか、日常生活動作がスムーズにいかないことがある。あと記憶がおぼつかない。短期中期の記憶記銘も再生が。

これはアルコールの大量摂取のゆえんだと思ってた。

その可能性もあるだろう。ネットで調べるとアルコールを一定量例えば二本酒2合以上毎日取ると、脳委縮(脳が溶ける)するという。今は7月上旬から禁酒しているが。

1日2合を基準に飲酒量によって分けてみると、非飲酒群と1日2合以下の群(平均1日1合弱、363人)では脳萎縮の割合はそれぞれ27%と24%で差はなかったが、1日2合以上飲酒する群(246人)の脳萎縮の割合は36%にのぼり、他の2つの群と比べて明らかな差が認められた。

アルコールが脳に与える影響 より

最近は、抗精神病薬(ジプレキサ、クエチアピン)や抗てんかん薬(ラミクタール、ランドセン)の服用が原因かもしれないと思えてきた。

原因は突き止めなくてはならないが、現状は脳 CT を撮れば分かるだろう。年相応の健常な脳であれば、頭を使っていないことで脳の機能が衰えてきてるということだと思う。

若年性アルツハイマーとかでもいやだな。アルコール常用、抗精神病薬服薬とは無関係に思うが。

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL