Monthly Archives: 8月 2015

定例診察( 8/21 )

前回はこちら

ちょっとずつ上向きですかねーと話し、「ラミクタールセロクエル、効いてますかね(うつの持ち上げとして)?」と問われたが、明確には分からないと答えた。

あとはやる気なんだがなー、これもちょっとずつは出てきたかな。

ソラナックスの減薬を申告。手持ちがあるか聞かれて「ある」と答えたら、処方から外れた。ソラナックスもう2カ月くらい前に既に止めているわけだけど、調子がずっと悪かったからなかなか言い出せなかった。

頭部スキャニングは MRI を選択。名目は健忘(海馬の萎縮否か)と飲酒などによる脳の委縮を調べるため。
診察は11:00 で MRI は 15:00 予約だったが、診察後看護師が機転を効かせてくれて、「あと10分で終わる患者さんがいるから」と隙間に検査を入れてくれた。さすがに3時間近く待つのはしんどいものね。

MRI の予算は 5、6000円という事だったが、自立支援医療でカバーできた。

【処方、基本14日分】

炭酸リチウム 200mg x 4
ソラナックス 0.4mg x 1 ←中止
ラミクタール 25mg x 2
セロクエル 25mg x 2
ハルシオン 0.125mg 眠前
ユーロジン 1mg 眠前
フルニトラゼパム(サイレース) 1mg 眠前
ジプレキサ 10mg 眠前
マグミット330 330mg x 4
ビオフェルミン x 3 21日分(7 日分の余裕として)

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

ビオフェルミン錠と新ビオフェルミンS錠

先月、便秘を解消してから便は順調。薬剤はマグミット330 330mg 4T(使用=3T) と整腸剤の市販の新ビオフェルミンS錠 3T から 8/7 処方のビオフェルミン錠 3T に 8/8 より変更。

ネットで調べたところ、市販の新ビオフェルミンS と処方のビオフェルミン錠は菌が違う。どうして同じような薬名なのか不思議である。また処方の散剤も成分が違う。

・新ビオフェルミンS錠
  ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌

・ビオフェルミン錠(処方)
  ビフィズス菌

・ビオフェルミン散剤(処方)
  ラクトミン、糖化菌

8/8(土)から処方のビオフェルミン錠に切り替えて、ここ2、3日で便が固–>軟便傾向になったので、おそらくビオフェルミン錠が強いんだと思う。昼は抜いて 2T 運用にする。それでも柔らかいのならマグミットを昼抜きにする。

精神に作用する薬でない下剤(マグミット)と整腸剤(ビオフェルミン錠)の飲み方の調整はまかされているので。

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

定例診察( 8/7 )

前回はこちら

・どうも日常生活動作がおぼつかない、例えば携帯をどこに置いたか失念してしまうとか、なので頭部 CT または MRI 検査を要望した。脳はある程度すかすかになってるんだろうな。次回 MRI 検査で、その 2 週間後に画像診断となる。

・気分はまだまだだが、上向いてきた感触がある。

・ハルシオン、はっきり力不足と言ったが 0.125mg で変更なし。サイレースはよく効いてる。

・便は続けて出ているが、市販のビオフェルミンを飲んでいるので処方で出してほしいと要望。

・ランドセンは頓服的に飲んできたが、飲まなくてもアカシジアが出ないようなので中止を要望。

前回記事「治療域の 0.6 mmol/L に達していないが。この話はなかった。炭酸リチウムを増やすという話もしなくてはならないな。」

この話をしなければならないな、って行く前に自分の診察ブログくらい目を通せって。

処方↓

マグミット330 330mg x 4
ビオフェルミン x 3 ←追加
炭酸リチウム 200mg x 4
ソラナックス 0.4mg x 1
ラミクタール 25mg x 2
セロクエル 25mg x 2
ハルシオン 0.125mg 眠前
ユーロジン 1mg 眠前
フルニトラゼパム(サイレース) 1mg 眠前
ジプレキサ 10mg 眠前
ランドセン 0.5mg x 1 眠前 ←中止

次回診察は2週間後午前。午後は MRI 検査入ります。

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。

脳の萎縮?

例えば冷蔵庫で「何か」を探そうとして、上下のドアを開け閉めして何を探していたのか失念するとか、日常生活動作がスムーズにいかないことがある。あと記憶がおぼつかない。短期中期の記憶記銘も再生が。

これはアルコールの大量摂取のゆえんだと思ってた。

その可能性もあるだろう。ネットで調べるとアルコールを一定量例えば二本酒2合以上毎日取ると、脳委縮(脳が溶ける)するという。今は7月上旬から禁酒しているが。

1日2合を基準に飲酒量によって分けてみると、非飲酒群と1日2合以下の群(平均1日1合弱、363人)では脳萎縮の割合はそれぞれ27%と24%で差はなかったが、1日2合以上飲酒する群(246人)の脳萎縮の割合は36%にのぼり、他の2つの群と比べて明らかな差が認められた。

アルコールが脳に与える影響 より

最近は、抗精神病薬(ジプレキサ、クエチアピン)や抗てんかん薬(ラミクタール、ランドセン)の服用が原因かもしれないと思えてきた。

原因は突き止めなくてはならないが、現状は脳 CT を撮れば分かるだろう。年相応の健常な脳であれば、頭を使っていないことで脳の機能が衰えてきてるということだと思う。

若年性アルツハイマーとかでもいやだな。アルコール常用、抗精神病薬服薬とは無関係に思うが。

↓ One クリックがはげみになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

|人気ブログランキング(双極性障害)へ

にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。